縫う、留める。

光、空気、音、匂い
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
最後
5年ぐらいこのブログをやってきたけど、これで最後にしようと思います。

それなりに愛着があるので文章は残しておきます。

読んでくれてありがとう。
- | permalink | comments(3) | -
月はいつだってまるい
夕方、散歩していたら月が見えて、そんなことを思った。
自分が見ている月は欠けて見えるが、ちゃんとまるくそこにあるのだ、ということ。

最近食に関する意識が疎かになっていて、お腹が減ってもなんだかよくわからない。
どこかに行きたいとも思わない。


はて、どうしたものか。


今日、本屋さんをうろうろしていたら、ツイッターで知った詩人、福島県に住んでいらっしゃる和合亮一さんの本を見かけた。
それで家に帰ったら、和合さんがテレビに出演されていて、ちょっとびっくりしました。


プロジェクト福島というイベントの準備や開催された様子。
地元の方々が詩を書いて、それをまとめて、書いた方達と和合さんが共にステージで朗読していた。

力強さを感じて、なんだか涙が出ました。


心が少し、やわくなり。
そういうのを忘れないようにいたいです。

ともすれば、蓋をしてしまって、疎かになる。
自分を否定しているのだな。
いないふり、いないふり。


昨日ちょっとスイッチが入って、それで今日があって。
そんな繰り返しで進んでいく。
同じ自分であり続けることはないけれど、私は過去の自分を抱いている。


という、生存報告でした。
ふー。

お久しぶりです(おそっ!)。
暑いけど、吹く風には秋を感じます。
- | permalink | comments(6) | -
ままならない
身体があって、想いがある。

自分の気持ちを表現することはむつかしい。
相手を想えば、言わない方がいいことだってあるだろう。

でも、声をかけてくれる方がたくさんいて、ありがたく思います。
もうちょっと、精進したい。


plenty

『人との距離のはかりかた』

http://m.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&client=mv-google&v=Q3o5O7dU43A


そう、信じたいんだよ。
- | permalink | comments(0) | -
鮮やかないろいろ
*昨日、夢をみました。

私がギターを買って最初のころ、一緒にバンドをやろうとしたベースのひと。
ライブを観てました。
彼のソロだったのではないか、とその辺り朧気だけれど。
あー元気でいた、良かった、と夢の中で思ったんだ。
ほんとに元気でいてくれたらいいな。
東高円寺にあるロサンゼルスクラブに初めて行ったのも、彼が入っていたバンドで。
その頃の記憶が甦ってきた。
19歳でした。


*ロサンゼルスクラブで、フジの銀河を演奏したこと。

ライブのあと、シンスケさんのことを思い出しました。
彼が一番好きだったという曲に、参加できてよかったと、しみじみ。
笑顔が脳裏に浮かんできます。
とまとあずき会で、少し言葉を交わしたくらいだけど。
銀河、特別な曲になりました。


*姉と母。

私、姉と二十歳過ぎてから、ずっと仲悪かったのです。
でもここ数年会えば話すようになり、実家に帰ってからは普通になりました。
良かった。
彼女はにゃんにゃん言ってます。
猫を飼っているみたいで楽しい(?)。
母とはうまくいきません。
私の気持ち次第なのかもしれないけど、どうしたらいいかわからない。
とりあえず自分のやることを、しっかりやることかなー。
相模原撤収も、早くやらないと。
でも実家がカオスなので、片付けてからでないと。
ほいで実家にいるとやる気が出ない。
なんだこりゃ。。

ギター弾いて歌っているときは、楽しいです。
昨日、皐月のイントロとか構成ができました。
まさかの転調、はありかなー、どうだろう。


*地震が起こってから。

原発のことが気になってしょうがなくて、いかんともしがたい。
情報を得ても、私はそれを知らない。
自分の経験ではないから。
疑問がたくさんあっても、答えに決まりはない。
相模原で一人暮らしをしていた四月後半は、もうこの世の終わりのような、そんな気持ちでした。
起き上がれないし、食欲もないしで。

六ヶ所村にある再処理工場のことを知ってから、本を読んだり少し行動したけど、私はうつがあるから参ってしまって。
でも感覚的に、今回はやばい事態だ、と思って事故のあと外に出るときはマスクを、放射性物質排出のために玄米食べたりしてました。
ただの自衛かな。
絶対の安全なんてないし、逝くときは逝くわけだし。
でも子供や若い女性は心配です。
これからの影響を考えると。
なるべく無関心ではいたくないと思う。
アメリカやフランスとの関係もあるのでしょうが、同じ過ちを繰り返してほしくない。

今日は広島に原爆が落とされてから66年だそうです。
世界が平和になることは難しいかもしれないけど、自分の心を平和にすることはできる。
身近なひとやことを大事に。
支えられて、いきていることに感謝を。

心を引き締めて、臨んでいきたいです。

まだまだ被災地は大変だと思うし、悲惨な現状がある。
少しでも早く、多くの方が安心な生活を営まれますよう、願います。


*フジファブリック。

東京事変の曲で、透明人間という曲がありまして。


『何かを悪いというのは とても難しい
僕には簡単じゃないことだよ

ひとつひとつこの手で 触れて確かめたいんだ
鮮やかないろいろ』


よくよく思い出します。
希望を持ちたいのかな。

事変の刄田さん、フジファブリックの活動に参加されますね。
楽しみなことはたくさんあるんだ。

鮮やかないろいろ。
辛いことも、光に照らされて輝くでしょう。

いつか会える日を、待っている。
- | permalink | comments(2) | -
7月9日
ナックの日!
ナック元気かなー。



はい、フジ軽音部ライブ、無事に終了いたしました。
楽しかった。
人生で三度目のステージでした。

友人の学祭ライブに出たときのことよりも、高校の部活ESSを思い出しました。
英語劇で『ポリアンナ』をやったのですね。
端役だったけど、大会のときのあの感動は憶えている。


二ヶ月近く練習して、よい経験になりました。
途中くじけそうになりましたが、やりとげられて良かった!
毎日毎日ライブのこと考えて、体調悪いときはもどかしくて。

でも、みんなが素敵な演奏をしてくれるんだから、フロントに立つときは堂々としていなきゃ。
最後までへたっぴだったけど、安心してステージに挑めた気がする。
いちごーメンバー最高だよ!
ほんとーーーっに、感謝です。


TAIFU ICHIGOOOOO!!!のセトリです。


Sunny Morning
Strawberry Shortcakes
ロマネ
Birthday
TAIFU
銀河


ストロベリーでは歌とタンバリン、ロマネでギタボを、銀河で志村パートのギター、他、コーラスとタンバリンをやらせていただきました。
欲張ってギタボをやって、だいぶ苦戦(笑)
歌いながら弾くって難しいね。
ロマネ大好きなので、嬉しかったな!
ロマネの後に語ったり。
辿々しかったけれど、よかったといってもらえたことが喜び。


志村くんの誕生日(前日でしたが)を祝えたこと、ロサンゼルスクラブでライブができたこと。
とても不思議な感じで、でも特別な夜、絶対忘れません。
友の会と軽音部さまさまです!

自分たちの出番が終わったあと、なんかもうわけわからずにビールを飲んでました(笑)
ポリ6さんとMIKOSIさんもカッコ良かったな。
『エイプリル』とか『星降る〜』で泣きそうになったり。
やばい選曲でした。
そしてみんな上手い!
『Sugar!!』ノリノリで踊ってました(笑)
すごくパワーをもらえた☆


友達も観に来てくれてありがとう!
めぐちゃんにも久しぶりに会えて嬉しかったよー!

タンバリン貸してくれたエリコちゃん、ありがとう!
素敵な演出ができました。

観には来れなかったけど応援してくれた友達にも、感謝感謝。
たくさんの人に支えられたな。


だらだら長くなってしまいましたが、最後に。

フジファブリック、ありがとう!!

今、涙がでてきた。。





扉をあけたら そこでまた 切なくさせて
- | permalink | comments(5) | -
ロサンゼルスクラブにて☆
告知です!
なんか色々書きたいことがあるんだけど、まとまらないし、ライブまであとちょっとじゃん!て感じに時が過ぎていってます。

とりあえず、以下フジファブリック友の会のトピよりコピペー。





お待たせしました!
フジファブリック友の会軽音部♪によるライブイベント第2弾の詳細を発表します!

今回のテーマは【祭】
ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011に出演も決まったことですし!
一足先に夏を先取りしてフジファブリック祭りで盛り上がっちゃいましょう!

今回も軽音部♪が誇る3組のバンドが出演します!
場所は前回同様、東高円寺ロサンゼルスクラブ!!
あの場所で聴くフジの楽曲は、やっぱりサイコーです!!
あんな場所やこんな場所での記念写真も撮れますよー!


(((( 詳細 ))))

■日程:2011年7月9日(土)

■時間:「開場」午後6時15分 「開演」午後6時45分

■場所:東高円寺ロサンゼルスクラブ
http://www.losangelesclub.jp/
東京メトロ丸の内線「東高円寺」駅 徒歩1分

■チケット:2000円+500円(1ドリンク)

■定員:80名

■出演バンド:

富士山「THE MIKOSHI」
G&Vo はみんぐ鳥
G pistachio
B HINAO☆
Key nanamie☆
Dr naoco
Dr ずま

富士山「ポリ6」
G&Vo ポリンキー♪
G&Vo おいどん
G テレキャスター
B れなぴょん
Key りろ
Dr シュンサン・ハナ

富士山「TAIFU ICHIGOOOOO!!!」
G&Vo ARAIGUMAWORLD
G&Vo adzu * kanaco
G&Vo えりゅ
G くろ
B 名前のない桂
Key エース
Dr ちくそん
Mg/Flu ことやよ

※全3バンドとも、フジファブリックのコピーバンドとなります。

■スタッフ:AKASAN、Ivory、☆marie

と言う事で皆様の御来場を出演者、スタッフ一同、心よりお待ちしております!





そんなわけで、TAIFU ICHIGOOOOO!!!の一員として出演させていただきますー。

ロサンゼルスクラブ、初めて行ったのは19才のときなので、10年経てステージに立つことに!
しかもライブも10年振りでめちゃめちゃ緊張しそー、あたふた(既に)。

私はともかく、みんなカッコイイです!
志村くんの、ミュージシャンとしてのスタート地点ともいえるこの場所で、フジファブリックの素敵な楽曲たちが聴けますよー( ´∀`)/

もしご予定空いてたら、遊びにきてくださいな*
楽しんでやりたいと思います!
そして楽しんでいただけるようにがんばります☆


▽コミュのトピです。

http://m.mixi.jp/view_event.pl?guid=ON&id=62965235&comm_id=4760690


コミュに入ってない方、ご連絡くだされば、予約しますので、メッセやらメールくださいましなー。

ではでは、よろしくでございます!
- | permalink | comments(2) | -
夏への扉
だいたい寝付きが悪いので、寝る前には本を読む。


実家に戻ってから、上の姉が使っていた部屋で寝泊まりします。
姉の本棚をふと眺めていたら、ずっと読んでみたかった本があった。

そう、それが『夏への扉』、ロバート・A・ハイライン著。


青梅に同じ名前のお店があって、カレーが美味しいとこなんだけど、この本のタイトルが由来だと以前から知っておりました。

青梅、東京の西の端っこ。
8年前くらいかな、当時の恋人の家に車を走らせて向かったことを思い出します。
BGMはクラムボンの『imagnation』、歌いながら夜の道を走るのは気持ちよかった。(と、回想していると芋づる式に想い出が甦る、笑)
彼が住んでいた部屋は湿気が凄かったな。
どうでもいい情報…

そのお店は友人と行ったのだけど、かわいらしいお店です。
たまのドラムの方(だったかな、たしか)がライブをしたりしていた気がする。
今もやってるであろうか。

青梅には赤塚不二夫会館もあるし、私は好きです。
まだ売れる前の、イヤミが主人公の漫画が展示されたりしていて、ステキ。


だいぶ横路にそれた。

『夏への扉』はSF小説。
普段読まないジャンルだったので、面白かった。
主人公のダニィは大切なものを失い、コールドスリープ(冷凍睡眠)で未来へ行こうとする。
1970年から2000年へ。

彼の相棒である、猫のピートは夏への扉を探して、家にある11の扉を全部開けて確かめる。
ピートがかわいくて、読み進むうちにすっかり彼のファンになっておりました。
果敢に闘う姿はあっぱれ!としかいいようがない。

猫好きのひとは読むべしー。


海外文学おもしぇーなー。
私が最初に触れた海外文学は、小学校4年生のときに図書館で、児童向け推理小説を読んだのが始めな気がする。
『モルグ街の殺人』とか、『ジキル博士とハイド氏』とか。
その頃から夜更かしグセがついてるのだから、どーしよもない。


はてさて、夜に寝る努力をしなくては。
ちゃんと働きたい。
そして夏への扉を開くのだ。
- | permalink | comments(0) | -
皐月
先日、友人が無事出産しまして。
すごく嬉しかったのです。


その少し前からつくっていた曲、出だしの歌詞は先にあって。
なんとなくかわいらしい曲なので、その友人のことを考えながら、詞を考えて。

今日、全体を掴んだ感じ。


ここのところ、誕生日の方が多いので、祝福を。
いつか、聴いてもらえるといいな。





その端々の仕草が 僕を生かす
少し湿った夜の 空気を吸い込んで

あたたかな血が流れている 生き物
そっと繋いでいく 生命のバトン

ずっとそばに いるよ
手を叩いて
くるくる まわりながら
踊るんだよ


新しい風を感じている 二人
芽吹いてゆく草花を 愛でながら
輝く予感に溢れだした 皐月
手を繋いで歩く いつもの帰り道

ずっとそばに いるよ
手を叩いて
きらきら まぶしい夢を
描くんだよ
- | permalink | comments(0) | -
 1 >>
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS